MENU

関節リウマチ治療中の生活習慣

関節リウマチ治療中の生活習慣

関節リウマチになると関節に痛みなどの症状や貧血などの症状があらわれ、日常生活に支障をもたらすことがあります。

 

原因は免疫異常と考えられ、免疫異常の原因は明確になっていないのですが生活習慣も関係していると思われます。関節リウマチの治療中も、何らかの生活習慣が症状を悪化させることもありえます。

 

治療中は薬物療法などの他に、日ごろの生活習慣も見直し、改善点があれば直していくようにしましょう。

 

禁煙する

関節リウマチ治療中の生活習慣

喫煙者の方には禁煙を推奨いたします。関節リウマチになると肺に負担が出て、さらに肺の負担になるタバコにより症状が悪化する恐れがあります。また、タバコは関節リウマチの発症にも関係しているため、予防のためにも控えることが望ましいです。

食生活の改善

関節リウマチ

関節リウマチの治療に食事療法も含まれます。バランスよく栄養を摂り、とくにカルシウムや鉄分不足に気を付けてください。DHA・EPAといったオメガ3系脂肪酸も有効です。また、肥満気味の人は体重が関節に負担をかけてしまうので、ダイエットも必要です。

ストレス対策

関節リウマチ治療中の生活習慣

精神・肉体ストレスはどちらにしても負担になります。過度のストレスを溜めこむことで病気を悪化し、さらに関節リウマチからうつ病などの病気を発症するリスクがあるため、ストレスは解消することが大切です。喫煙もストレスにもなります

 

これらの生活習慣は関節リウマチの予防にもなります。ひとことでまとめると、規則正しい生活が理想的です。