MENU

関節リウマチの薬物療法

関節リウマチの薬物療法

 

関節リウマチは自己免疫系疾患の一種です。免疫異常が関係しているとされていて、関節痛などのように骨のトラブルではありません。

 

何らかの原因で免疫異常が起こり、正常な細胞や組織に影響を及ぼし、関節リウマチを発症します。

 

関節リウマチと診断されたら、治療が必要になります。治療は症状を抑えるだけでなく、進行や合併症対策にも必要です。

 

また、早期発見なら薬物療法により治癒も可能です。

 

薬物療法で使用する薬には、個人差があります。症状などに合わせて使い分けることになります。

 

抗リウマチ薬

抗リウマチ薬には、「メトトレキサート、タクロリムス、レフルノミド、サラゾスルファビリジン、ブシラミン、オーラノフィン」といった作用があります。いずれも、免疫異常からくる炎症を抑制し、症状を抑える効果があります。

 

早期発見から治療が始められると、これらの抗リウマチ薬でも症状を抑える効果は高いとされています。効能がある反面、抗リウマチ薬は継続的に服用していると、効果が薄れることがあります。

 

その場合や、また抗リウマチ薬が効かないときには生物学的製剤を用いります。免疫に関するサイトカイン分泌を抑える薬を注射で投与する方法で、抗リウマチ薬と併用することもあります。

抗炎症薬

関節リウマチになると痛みや腫れなどの症状が出ますが、これは炎症からくる症状です。抗炎症薬には、ステロイド系と非ステロイド系に分けられます。ステロイド系…「プレドニゾロン、ベタメタゾン」など非ステロイド系…「メロキシカム、セレコシブ、ロキソプロフェン、インドメタシン」など

 

これらの薬は抗炎症作用があり、今出ている症状を抑えるために使います。