MENU

関節リウマチの手術療法

関節リウマチの手術療法

 

関節リウマチは自己免疫疾患の一種です。早期発見できると治癒の可能性はあります。

 

一般的には症状を抑え、進行を防ぐための治療になります。この場合、薬物療法や保存療法を行います。

 

しかし、関節リウマチの症状が進行した場合は、薬物療法などでは効き目が出ません。進行すると症状は悪化し、徐々に関節の軟骨や骨が破壊されてしまいます。そうなると、手術が必要になります。

 

関節リウマチの手術療法には、種類があります。

 

滑膜切除術

関節リウマチの手術療法

痛みや腫れの元になっている滑膜を切除する手術です。まだ関節の状態がそれほど進行していない場合に用いられる方法です。手術をして痛みなどの症状はとれますが、再発するリスクはあります。近年はこの手術法よりも、生物学的製剤を使用することがあります。

人工関節置換術

関節リウマチの手術療法

完全に関節が動かないなど、関節が破壊されてしまった場合は、人工関節に取り換える必要があります。人工関節に交換しても関節が動きにくいなど、日常生活に支障が出ることもあります。

 

また、術後はリハビリ期間が必要になります。人工関節も永久的に持つものではないため、交換も必要になります。これらの手術は関節リウマチが進行した場合のみ行われます。また、関節を固定する手術療法などもあります。