MENU

関節リウマチの保存療法・リハビリ方法

関節リウマチの保存療法・リハビリ方法

 

関節リウマチを発症したら必ず治療が必要になります。

 

主な治療法は、薬物療法ですが加えて、リハビリも行います。

 

関節リウマチは動かすと症状が悪化しそうですが、リハビリは関節機能を低下させないためにも必要です。また、関節リウマチが進行し手術を受けた場合も、術後にリハビリが必要になります。

 

リハビリは理学療法士のもとで適切に行わなければなりません。

 

リハビリの方法は関節リウマチの症状に合わせて異なります。

 

関節まわりに痛みや腫れなど炎症による症状が出ている場合は、「物理療法」という方法でリハビリします。

 

ホットパックやパラフィン浴などの温熱療法を行います。

 

関節リウマチの保存療法・リハビリ方法

 

節の機能を低下させないためにも、運動療法が行われます。

 

機能が低下するとすぐに関節が動きにくくなり、日常生活に影響してしまいます。

 

関節機能を衰えさせないためにも、筋力をつける運動療法が必要です。ただハードな運動は関節の負担になります。

 

関節リウマチのために考案された体操は、自宅でもできる方法です。

 

まずは理学療法士や担当医の指示に従って体操法を学び、症状に適した体操を行うようにしましょう。