MENU

関節リウマチと免疫異常の関係

関節リウマチと免疫異常の関係

 

関節リウマチは、“自己免疫疾患”に分類される病気です。

 

体にある免疫機能はウイルスなどから体を守る防衛機能ですが、免疫が暴走して病原菌ではなく正常な細胞などを攻撃するものが、自己免疫疾患と言います。

 

これに当てはまるのが関節リウマチで、関節が炎症を起こし、さらに軟骨や骨が破壊されてしまいます。

 

かいつまんで言うと、免疫異常により自分の大切な細胞や組織に自分でダメージを与えることによりトラブルが起きる状態です。

 

たとえば、アレルギーや花粉症なども自己免疫疾患の一種です。

 

免疫はそもそも体の害になる物質を攻撃するはずなのですが、何らかの反応が起こることによって正常な部分に影響をおよぼしてしまいます。

 

関節リウマチを発症したあとも免疫が攻撃を続けることによって、症状は悪化していってしまいます。

 

最悪の場合、関節の変形や動かなくなることもあり、人工関節に取り換える手術が必要になることもあります。

 

早期発見が重要な疾患であるため、

なんらかの違和感をおぼえたら、早めに検査を受けるようにしてください。

 

関節リウマチの原因とは

 

関節リウマチは自己免疫疾患系の病気で、免疫異常が関係しているのですが、原因は明確になっていません。

 

そもそも、免疫異常の原因も判明していません。アレルギー症状も同じです。

 

そのため、どちらも完治させる薬や治療法は確立されていません。症状を抑えるための治療しかありません。

 

関節リウマチの場合も、出ている症状を抑え、進行を遅らせる治療法になります。

 

ただし、早期発見により回復は見込めるため、気になる場合は早めに病院で調べるようにしてください。